身体について

産後の腹直筋離開

腹部の前面には腹直筋(いわゆる腹筋)という大きな筋肉があります。その中央には筋腱膜の繊維による繋ぎ目が胸骨から恥骨まで伸びており、これを白線と呼びます。

妊娠中や産後、この白線が左右に引き伸ばされて開いてしまうことを腹直筋の離開といいます。
その原因としては、胎児の成長によって腹部が大きくなり腹直筋が伸ばされていくこと、または妊娠中に分泌されるリラキシンやエストロゲンなどのホルモンの影響で筋肉や靭帯が緩んでしまうことが挙げられます。

妊娠中には半数以上の人に腹直筋の離開が見られ、産後6ヵ月後も30~40%の人が離開したままの状態だと言われています。
ちなみに離開の目安は、腹直筋の真ん中に指二本分以上の溝があるかどうかで確認することができます。産後の方は一度自分自身でチェックしてみてもよいでしょう。

離開の程度や症状も人それぞれですが、基本的に腹直筋が離開の状態にあると筋の機能も低下してしまいます。
腹直筋は通常、腹部の前面を壁のように支えています。その他、横隔膜が腹部の上部、骨盤底筋群が腹部の下部、というように様々な筋や組織が腹部を囲うように守ってくれています。
しかし、その壁に割れ目が生じてしまうと腹部の安定性が減少し、腰痛や骨盤周辺の痛み、尿漏れなどを引き起こします。また腹直筋が緩むことでお腹がぽっこりと膨らんだようにも見えてしまいます。
産後なかなかお腹が引き締まらない、姿勢不良や慢性的な腰痛が続いている、といった方はもしかしたらこのような状態にあるのかもしれません。

腹直筋の離開を防ぐためには、やはり産前からの継続的なトレーニングが役に立ちます。
産後、離開してしまった状態でのトレーニングも効果がないわけではありません。しかし負荷の高いエクササイズは腹圧も高めてしまい、腹直筋をより引き伸ばすなど逆効果となる場合もあります。産後ダイエットやボディメイクももちろん大事ですが、負荷のかけ方やトレーニング内容には十分注意して行いましょう。
ピラティスやヨガなど産後に良いとされるエクササイズはいろいろありますが、まずは身体の機能を回復させるために今回の話であれば腹部を囲う横隔膜や腹横筋、骨盤底筋群といったインナーユニットと呼ばれる筋群のトレーニングから始めることが必要ではないでしょうか。
普段以上に身体のケアにも目を向けながら妊娠中、産後のトレーニングを進めていくように心がけましょう。


目黒、白金台、五反田エリアのパーソナルトレーニング・ピラティススタジオ リビタム

カテゴリー

-身体について

© 2020 training studio livitum